石の店いながきと稲垣石材店の店舗写真

[ N E W S ]

締め切り迫る!知多墓園が手に入る方法

     ありがとう
 「ステキなお墓ができたね。」
そう言われるお墓づくりのことなら


こんにちは。代表の稲垣寿(いながきひさし)です。


知多市内にお住まいの方、知多市が本籍地の方で
遠い将来いずれは、知多市内に墓地を持ちたいなあと思ったことのある方にお知らせします。

20141212-titaboen01.JPG

なんと、知多市営の知多墓園の利用者募集受付の締め切りが11月30日までと迫っています。


第1号墓所(4.86㎡)だいだい畳で3枚分くらい広さ
 永代使用料(いわゆる墓地代)55万円、年間維持管理料3,600円

第2号墓所(3㎡)だいたい畳で2枚弱くらいの広さ
 永代使用料(いわゆる墓地代)40万円、年間維持管理料3,080円



なんと!と言ったのは、平成28年1月に続いて今年度2度目の募集だからです。
7月の知多市広報に概要は掲載されていますが、積極的には広報されていないのでご存じない方の多いのが実情です。


くどいようですが、なんと!と言ったのは、今回の募集は大変なメリットがあるからです。

プロが教える、今回の募集に関する7つの秘密

① なんといっても、先着順の受付です。(早い者勝ちということです)

② 遺骨をお持ちでない(遠い将来に備えたい)方でもお申し込みは可能です。

③ 当選した場合でも墓石の建立期限がありません。(すぐ建てても、50年先でもOK)

④ 申し込みから、最短でおよそ1か月程度で、手続きが完了して権利が発生します。(秋彼岸に間に合うかも)

⑤ 相続税の課税対象が拡大されました。(H27年1月から)墓地墓石など祭祀に必要なものは対象外です。生前に購入しておきましょう。

⑥ 1平方メートル当たり15万円以下で手に入る墓地は、知多市内にはほとんどないです。(無宗教墓地で)

⑦ 次回の定期募集は未定です。


知多墓園をお持ちの方で、当店のお客様のお声の数々を紹介します。

   『公営なので将来にわたって安心。しかも費用負担が安い。』(年間3,080円)
   『親族が知多墓園を持っているので、どうしても欲しかった。』
   『園内がバリアフリーなので、老後も負担が少ないので。』
   『駐車スペースも広く、気兼ねなく駐車できる。』
   『全区画南向き。墓石が背中合わせでないので、ゆったりしていて良い。』

などなど、ご満足されているようでよかったです。


遠い将来に備えて、知多墓園に墓地を手に入れましょう。
未来の子孫のためにも、知多墓園を手に入れましょう。

お墓のことなんてまだまだ先のこと・・・
元気なうちに、お墓なんて縁起でもない・・・

そういうお考えも、あって当然なのです。

しかし、毎年必ず数件、こんなご相談をお客様から頂きます。

その相談とは、
「この間、おじいさんが亡くなったのですが、知多墓園は今年は募集がありますか?」
「将来に備えて、知多墓園を確保しておきたいのだが、いつでも申し込みができますか?」

残念ながら、
「今年は募集がありません。次回は2年後の予定です。」
「今年の募集は遺骨のある方のみが対象なので、申込できません。」

と、お答えするしかなかったのです。


とにかく応募してみてください。
もし当選しても、利用辞退は簡単な手続きで済ます。
『やっぱりキャンセルします』その程度です。

では、当選までの道のりをどのように手続きを進めたらよいか、
次の通りになります。

①知多市役所2階の環境政策課に行き、募集要項を手に入れる。
 *石の店いながきにもあります。
     ↓
②募集要項をよく読む。
 *解説が必要なら、質問してください。
     ↓
③石の店いながきへ行き、知多墓園現地再現ショウルームで石の種類、予算を確認する。
 *知多墓園の工事規定に合格するように、そのまま再現されています。
     ↓
④墓地使用料+お墓の代金=総予算を把握する。

まずは、お電話で 0120-1483-22 通話料無料

「知多墓園の募集について聞きたいです。」とお話し下さい。

私がご質問にお答えします。

※ たくさんの知多墓園専用設計の展示墓石をご覧いただけます。

20141212-syatyou01.jpg

今年で51歳!ついに正真正銘のオジサンになりました。

«Prev || Next»